社長挨拶・経営理念

社長挨拶

 

新たな石文化創造に向けて

現代社会において、地球環境の保護や自然との共生、そして地域社会への貢献などが人や企業に強く求められています。

このような時代の中で、私達は供養産業の担い手として「供養の心を永遠(とわ)に伝える」を使命感とし、墓石・仏壇販売を通じて先祖供養をはじめとするさ まざまな供養のお手伝いをさせていただき、いつの時代にも決して変わることのない感謝の心を永遠に伝えていきたいと願っております。

また、ふるさとの自然が創りあげた石材という貴重な財産をより有効に利用し、新たな石文化を創造していくことで、地域社会や文化に広く貢献していきたいと考えております。

株式会社イフイ                                                   

代表取締役社長 櫻井 一成                                       


使命感(経営理念)

供養の心を永遠に伝える

地球が誕生しておよそ46億年。石は、悠久の歳月をかけて自然が創り上げた貴重な産物です。人類が生まれるはるか以前に生成され、人間の歴史や人々の営みを永く静かに見守ってきた石だからこそ、時代を超えて変わることのない供養の心を永遠に伝えていくことができると信じています。

石に意志を込めて

地域社会に役立つことを幅広い視野で考え、新たな挑戦をし続ける企業であるために、私達はどうあるべきなのか。何をすべきなのか。真摯に考えた結果が、この「5つの誓い」です。株式会社イフイとしての行動の原点を、5つの視点から掘り下げました。供養産業の担い手として、またプロとしての固い意志をここに表明いたします。


5つの誓い〈行動の原点〉

1.〈企業像〉ビジョン

私達は、常にチャレンジ精神を持ち、社会に貢献できる高収益企業を創ることを誓います。

「邑(村)」「偉(一番)」を目指して命名された系列会社の邑偉石材株式会社。明治元年創業の長きにわたる歴史を受け継ぐ株式会社イフイもまた、常に業界のトップリーダー的企業を目指してきました。近年では主力の墓石販売に加え、霊苑開発、公共事業、文化遺産の継承など供養産業を基盤とした各種新規事業を展開。幅広い石文化の創造を通じて、地域社会に貢献し、より社会に信頼される企業でありたいと考えます。

2.〈商品〉マーチャンダイズ

私達は、高品質な商品を提供し、奉仕の心で開発・施工することを誓います。

イフイの主力商品である大島石は、細粒質で硬質、吸収率が低いことから耐久性が高く、小御影とも呼ばれる最高級の石材です。古くは大阪城、今治城にも使われ、以来神社仏閣をはじめ国会議事堂、赤坂離宮、大阪心斎橋など数多くの実績を残すその歴史が、品質の高さを証明しています。この素晴らしい石材に持てる力のすべてをかけて高品質な商品を生むことが私達の使命であると考えます。

3.〈顧客〉カスタマー

私達は、常にコミュニケーションを尊重し、創意工夫に努め、満足を提供することを誓います。

優れた商品を一律に生産・販売するだけではお客様の真の満足にはつながりません。供養産業において最も大切なことは、お客様への感謝の心とサービス精神です。私達は墓石販売を通じて大切な先祖供養のお手伝いをさせてもらっているのだという感謝の心を常に忘れず、あらゆる要望に事細かに応えられる万全のサービスで、個々のお客様に対して心からの満足を提供していきたいと考えます。

4.〈管理〉マネージメント

私達は、「報・連・相」を徹底し、業務の効率化を図ることを誓います。

例えば墓石販売のひとつにおいても、展示会の企画・開催、営業・販売活動、霊苑の手配、設計・プランニング、墓石の製造、施工など、様々なセクションの仕事が複雑に絡み合い成り立っています。これらを円滑に進めるためにはセクション間の綿密な連携など総合管理能力が問われます。そのためにはまず、各々が自らを管理すること。自己管理能力の向上が業務の効率化の第一歩であると考えます。

5.〈人材〉チームワーク

私達は、相互理解に努め、責任ある行動をとることを誓います。

大島石という優れた石材をより多くのお客様に提供していくために、私達は「技術」と「人材」の研鑽に力を注いできました。今日のイフイの信頼を支えているのは経験に培われた高度な技術力と石のプロとして研鑽を積んだ人の力に他なりません。今後もより優れた技術と商品を提供してゆくために、一人ひとりがイフイの顔であるという自覚と責任感にあふれた人材を育てていきたいと考えます。

 

  • お問い合わせ
  • 近くの店へ来店
 

Copyright IFUI Co.,Ltd. All Rights Reserved.